日経Automotive

米NI社、「トヨタやGMなど、世界の大手自動車メーカーに計測・評価システムを供給している」

小川 計介=日経Automotive Technology
2014/08/07 15:52
印刷用ページ
 
「NI Week2014」2日目の基調講演に登壇した、NI Director of MarketingのIan Fountain氏(右)
「NI Week2014」2日目の基調講演に登壇した、NI Director of MarketingのIan Fountain氏(右)
[クリックすると拡大した画像が開きます]
Fountain氏
Fountain氏
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 世界の自動車市場が新興国を中心に拡大し、先進国を含めて燃費性能の高い車両の開発に注力している。計測・制御大手の米National Instruments社は自動車事業をどのように攻めていくのか。8月4日にテキサス州オースティンで開幕したNI社のプイライベートショー「NI Week2014」の会場で、同社Director of MarketingのIan Fountain氏に事業戦略を聞いた。

問:自動車事業の取り組み状況は

 米GM社やトヨタ自動車、富士重工業などが、実験・評価の工程で当社のシステムを採用している。先方の都合で公表できない自動車メーカーも含めると、世界の多くの自動車メーカーがユーザー企業だ。

 GM社は燃費の良い次世代エンジンの開発で、当社のシステム(ラピッドプロトタイピング)を使って仮想的なECUを作り、ガソリンエンジンやディーゼルエンジンの試作品を動かして燃費などを評価している。エンジンの開発段階では燃費を高めるためにインジェクターやシリンダーなどの物理的な形状を細かく変えて試作し、そのたびに仮想的なECUを組み合わせて燃焼をシミュレーションすることになる。ラピッドプロトタイピングを使えば、ロジック図を書くだけで、ECUに相当する制御ソフトウエアを簡単に迅速に作成できる。

 トヨタ自動車とも良い関係を築いている。各種実験で収集したデータを一元管理するためのソフトウエアを大規模に供給している。同ソフトは、ドイツDaimler社など欧州の自動車メーカーを中心に採用されている。実験データだけでなく、実験したときのシステム環境、担当者、などを合わせて記述する仕組みになっており、使い勝手が評価されている。日本メーカーの多くはこれまで、実験データの管理ソフトを内製してきたが、今後は当社のソフトへの置き換えが進みそうだ。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

「日経Automotive NEWS」は毎週水曜日配信の無料メールサービスです


「ぶつからないクルマ実車試験」結果についてのニュースリリースはこちらです

エディターズ・ノート

【(重要)「日経ID」統合について】

日経BPパスポートは、2014年4月30日から、
「日経ID」に統合いたしました。
詳細につきましてはこちらをご覧ください。

購読のご案内

毎月11日発行(年12冊)
(※2015年2月号より誌名を「日経Automotive」と変更し月刊化)

年間購読料(税込み)
  • 1年(12冊) 22,000円
  • 3年(36冊) 44,000円
  • 一部売価格(税込み) 2,470円