エネルギー
 

東芝らが純水素型燃料電池の実証事業、山口・周南市などに設置

赤坂 麻実=日経テクノロジーオンライン
2014/08/07 13:03
印刷用ページ
 東芝燃料電池システム、山口リキッドハイドロジェン、長府工産、岩谷産業の4社は共同で、水素を燃料とし、発電効率が高い純水素型燃料電池システムの研究開発・実証事業を2014年8月下旬に開始する。この事業は、山口県が2014年4月に公募した「平成26年度 やまぐち産業戦略研究開発等補助金」において、「世界初 純水素型燃料電池コジェネレーションシステムの開発及び水素需要の拡大」をテーマとして採択された。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング