エネルギー
 

レノバなど、関東圏で最大40MWのメガソーラーを富津市に竣工、1000V仕様では国内最大

中西 清隆=日経BPクリーンテック研究所
2014/08/06 19:11
印刷用ページ
レノバなどが建設した千葉県富津市の40MW級メガソーラー(出所:日経BP)
レノバなどが建設した千葉県富津市の40MW級メガソーラー(出所:日経BP)
[クリックすると拡大した画像が開きます]
2014年8月6日に開催された富津メガソーラーの竣工式(出所:日経BP)
2014年8月6日に開催された富津メガソーラーの竣工式(出所:日経BP)
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 再生可能エネルギー開発やプラスチックリサイクルを手掛けるレノバ(東京都千代田区)が主導して千葉県富津市に建設した出力40.36MWのメガソーラーが完成し、8月6日に竣工式が開催された。
 五洋建設などが所有する浅間山土砂採取場跡地44万m2の敷地に16万4736枚の太陽光パネルを敷き詰めた。40MWの出力は関東圏で最大規模になる。年間発電量は一般家庭1万1500世帯分の消費電力に相当する4200万kWhを見込む。
 事業主体となる富津メガソーラーにはレノバのほか、ミツウロコグリーンエナジー(東京都中央区)、芙蓉総合リース、みずほメガソーラーファンド(東京都千代田区)の4社が出資。建設資金は、みずほ銀行が組成したプロジェクトファイナンスで賄った。EPC(設計・調達・施工)サービスは日揮が請け負い、太陽光パネルはシャープ製を、パワーコンディショナー(PCS)は富士電機製を採用した。
 1直列回路当たりの直流電圧を最大1000Vまで高めることでシステム総合効率を改善し、容量1000kWのPCSを採用したりすることで全体の建設費を抑えた。1000V仕様は国内でも広がり始めているが、40MWは国内で最大の出力容量になる。
 レノバの前身はプラスチックリサイクル事業のリサイクルワンで、再生可能エネルギー開発事業の拡大を目指し、2014年1月に社名を変更した。2014年2月に完成した茨城県潮来市の14.7MWに次いで今回で2個所目が発電を開始し、建設中を含めた6個所合計の出力は約120MWになる。

日経エレクトロニクスセミナー
蓄エネ革命2015
電池からフライホイール、水素・圧縮空気貯蔵まで

蓄エネ技術を開発するメーカーは、今こそ勝負どきと考え、開発スピードを一気に高め始めました。本セミナーでは、Liイオン2次電池やNAS電池などの蓄電池に加えて、フライホイールや水素・圧縮空気貯蔵といった新たな蓄エネ技術の最新情報を紹介します。詳細は、こちら
日時:2015年9月30日(水)10:00~17:00(開場9:30予定) 
会場:JA共済ビル カンファレンスホール (東京・永田町)
主催:エレクトロニクス
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング