ビッグデータ・M2M・IoT 新たな価値をもたらすITの最前線
 

富士通と旭酒造、クラウドを利用して「山田錦」の栽培技術を見える化

佐藤 雅哉=日経ものづくり
2014/08/04 20:25
印刷用ページ
 富士通と旭酒造は、旭酒造が製造販売する日本酒「獺祭(だっさい)」の原料となる酒造好適米「山田錦」の増産と安定調達に向けて、富士通の食・農クラウド「Akisai」を活用した栽培技術の見える化を開始した。山田錦は他の米と比べて倒伏しやすい、収量が安定しないといった栽培の難しさから生産者が限られており、調達量が不足していた。Akisaiを生産現場に適用することで栽培作業実績の情報収集・蓄積や見える化を行い、山田錦の増産・安定調達を図る。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング