• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOME新産業IoT > 富士通と旭酒造、クラウドを利用して「山田錦」の栽培技術を見える化

富士通と旭酒造、クラウドを利用して「山田錦」の栽培技術を見える化

  • 佐藤 雅哉=日経ものづくり
  • 2014/08/04 20:25
  • 1/1ページ
 富士通と旭酒造は、旭酒造が製造販売する日本酒「獺祭(だっさい)」の原料となる酒造好適米「山田錦」の増産と安定調達に向けて、富士通の食・農クラウド「Akisai」を活用した栽培技術の見える化を開始した。山田錦は他の米と比べて倒伏しやすい、収量が安定しないといった栽培の難しさから生産者が限られており、調達量が不足していた。Akisaiを生産現場に適用することで栽培作業実績の情報収集・蓄積や見える化を行い、山田錦の増産・安定調達を図る。
【技術者塾】(8/22開催)
市場クレーム・リコール撲滅を目指す、公差計算と公差設計の勘所

~FMEAで見つかる7割の課題を解決しよう~

日時:2016年8月22日 10:00~17:00
会場: Learning Square新橋
主催:日経ものづくり

【技術者塾】(9/1開催)
グローバル図面に必須の「幾何公差」の勘所

~世界標準を基礎から学ぶ【演習付き】~

日時:2016年9月1日 10:00~17:00
会場:Learning Square新橋
主催:日経ものづくり

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓