自動運転・運転支援
 

Movidiusがビジョンプロセッサーの第2世代品を発表、電力効率を20倍以上に

竹居 智久=日経エレクトロニクス
2014/07/31 18:48
印刷用ページ
 米Movidius社は、ビジョンプロセッサーICの第2世代品「Myriad 2」を発表した。物体認識やジェスチャー認識、空間認識などの画像解析と、コンピューテーショナルフォトグラフィーなどの画像処理に向けたICである。第1世代品の「Myriad 1」は米Google社の「Project Tango」の試作機に採用されていた。Movidius社はMyriad 2について、「単位消費電力当たりの演算性能をMyriad 1比で20倍以上に高めた」と説明する。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

日経BP主催のお薦めセミナー
スキルアップしたい方は必見!

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング