自動運転・運転支援
 

ADAS開発用の単眼カメラを使用した画像認識システム、ZMPが販売開始

高田 隆=日経Automotive Technology
2014/07/24 13:15
印刷用ページ
図1◎車両検出の例。対象ごとに色を分けて表示する。
図1◎車両検出の例。対象ごとに色を分けて表示する。
[クリックすると拡大した画像が開きます]
図2◎歩行者の検出例
図2◎歩行者の検出例
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 ZMPは2014年7月24日、先進運転支援システム(ADAS)開発用の画像認識システムの販売を開始した。単眼カメラやグラフィックプロセッサー(GPU)、カメラで検知した情報を処理するソフトウエアなどで構成する。価格は55万円(税別)である。

 ZMPが発売した画像認識システム「RoboVision Single」は、車両や歩行者などの任意の対象物を機械学習(SVM)によってリアルタイムに検出して表示できるのが特徴である。車両や歩行者だけでなく、標識や信号なども検出できる。また、機械学習や対象物検出のためのプログラミングが必要なく、すぐにシステムに組み込める。

 システム構成は単眼カメラが汎用Webカメラの「LogitecHDPro Webcam C920」、GPUがデスクトップPC用の「NVIDIA Geforce GTX 780 Ti」である。同社は、自動運転技術の開発を進める大学・研究機関や自動車メーカーなどに売り込む。

日経BP主催のお薦めセミナー
スキルアップしたい方は必見!
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング