• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOME新産業異業種連携 > コニカミノルタ、ヘルスケアモニタリング分野などでシンガポールの研究機関と協業

コニカミノルタ、ヘルスケアモニタリング分野などでシンガポールの研究機関と協業

  • 大下 淳一=日経デジタルヘルス
  • 2014/07/18 22:44
  • 1/1ページ

 コニカミノルタは2014年7月17日、シンガポール国立インフォコム研究所(Institute for Infocomm Research:I2R)との研究協同協定に調印したと発表した(リリース)。

 コニカミノルタは2014年2月、「Business Innovation Center(BIC)」をシンガポールで設立。シンガポール経済開発庁(EDB)との連携の下で、地域密着型のビジネスインキュベーションを進めている。今回はその取り組みを加速するために、I2Rとの研究協同協定を結んだという。

 I2Rはシンガポール科学技術研究庁(A*STAR)傘下の組織で、設立は2002年。ネットワークやセキュリティー、音声認識、無線通信などに関する研究を行っている。2014年7月7日の調印式では、情報機器事業とヘルスケア事業にまたがる「ヘルスケアモニタリング」への取り組みを協業の事例として紹介した。

日経テクノロジーオンライン×リンカーズ
ものづくりの新たな課題解決策がここに

試作先、量産先、製品、部品、技術・・・。
製品を企画したものの、自社内や既存の取引先では、必要なピースが埋まらない。
そんな課題を解決するサービスを提供しているのが、リンカーズだ。
足りないピースを、日本全国に散らばった目利きのネットワークを使って、
中小ものづくり企業43万社から探索できる。


詳細はこちら

おすすめ