エネルギー
 

東北大など、Liイオン2次電池の負極にCでなくSi粉末を使い、長寿命、大容量を実現

浜田 基彦=ジャーナリスト
2014/07/18 18:59
印刷用ページ
 東北大学金属材料研究所の和田武助教、加藤秀実准教授、京都大学大学院工学研究科の市坪哲准教授らは、Siのオープンセル型ポーラス(多孔質)粉末を開発した。これを活物質に使ってLi(リチウム)イオン2次電池(LIB)を作ると、現行のLIBよりも比容量が大きく、サイクル寿命も長くなることを明らかにした。Mg(マグネシウム)とSi(シリコン)の合金がBi(ビスマス)金属溶湯中で、Mg原子を溶出しやすい一方で、Si原子を溶出しにくいという性質を利用した。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング