ニュース

安川電機、米パワコンメーカーを買収、米国の太陽光発電市場に参入

2014/07/18 14:06
金子 憲治=日経BPクリーンテック研究所
印刷用ページ
米ソレクトリア社の太陽光発電用のパワーコンディショナー(PCS)(出所:ソレクトリア社ホームページ)
米ソレクトリア社の太陽光発電用のパワーコンディショナー(PCS)(出所:ソレクトリア社ホームページ)
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 安川電機は7月17日、米国のパワーコンディショナー(PCS)メーカーを買収したと発表した。同社の米州統括子会社であるYASKAWA America Inc.(以下、米国安川)を通じ、米国の太陽光発電用PCSメーカーSolectria Renewables, LLC(以下、ソレクトリア社)の持分を100%取得することに合意し、持分売買契約を締結した。

 ソレクトリア社は、米国を中心に米州において定格出力1.8kWから750kWの太陽光発電用PCSを開発・製造し、販売している。特に大規模発電案件向けの大容量帯PCSで、競争力と有力な顧客基盤を持っているという。この買収により、安川電機は、世界有数の市場規模と中長期的成長が見込める米国の太陽光発電市場に参入する。

 安川電機は、日本市場で小・中容量帯PCSを展開しており、ソレクトリア社が強みを持つ大容量帯PCSを補完することで、米国太陽光発電市場で多様なニーズに応えられるという。ソレクトリア社も同日、リリースを公表し、「強力で多角的なグローバルパートナーを持つことは、ソレクトリア社だけでなく、同社の顧客にとっても大きな強みになる」との声明を出した。

  • 記事ランキング