家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

MediaTekが8コア64ビットのLTEスマホ用SoCを投入、Qulacommとの価格競争激化

大槻 智洋=日経エレクトロニクス特約記者、TMR台北科技
2014/07/16 18:45
印刷用ページ
台湾MediaTek(聯發科)社は、スマートフォン用SoC「MT6795」を2014年末までに発売する。64ビット命令に対応するなど仕様が大変高いにもかかわらず、搭載機の想定実売価格は2000人民元(322米ドル)である。MediaTekに追われる米Qulacommも価格競争に応じる見込みであり、2014年末のチップ(LTEモデム+32/64ビット8コアプロセサ)単価は15~20米ドルになるだろう。つい最近まで、LTEモデム+32ビット4コアプロセサのSoC(Qualcomm製)が25米ドル前後(優良大口顧客価格)だったことを考えると、大幅な低価格化だ。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング