家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

Wi-Fi搭載の体重体組成計をオムロン ヘルスケアが発売、アプリはiPhoneにも対応

大下 淳一=日経デジタルヘルス
2014/07/16 00:18
印刷用ページ
発売する「HBF-253W」
発売する「HBF-253W」
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 オムロン ヘルスケアは、Wi-Fi機能を搭載し、測定データを自動転送できる体重体組成計「HBF-253W カラダスキャン」を2014年7月25日に発売する(リリース)。併せて同年7月24日から、体組成などの測定データをグラフ化して管理できるスマートフォンアプリ「からだグラフ」を、Android端末に加えて新たにiPhoneに対応させる。

 「HBF-253W」は測定データを健康管理サービス「ウェルネスリンク」に自動転送し、スマートフォンやパソコンで簡単に確認できる。オムロン ヘルスケアは2012年に、おサイフケータイ機能付きAndroid端末などを使ってデータを転送できるNFC機能付き体重体組成計を発売済み。今回は、体重体組成計を設置した脱衣場などにスマートフォンを持ち運ぶことなく、データの転送・管理を行えるようにした。

 乗るだけで誰が乗ったかを推定する自動認識機能を搭載。ウェルネスリンクへの機器登録時にイニシャルを設定し、イニシャルを選択して体組成を測定すると、測定データが機器に登録される。次回以降は、本体に乗ると自動的に電源が入って測定を開始する。測定時間は約4秒。

 1回目と2回目の体重測定値の差を表示する「体重引き算機能」も搭載した。赤ちゃんやペットを抱いて測った合計体重と、自分だけで測った体重の差が50g単位で表示される。

 価格はオープン。発売後1年間で1万1500台の販売を目指す。

【日経デジタルヘルス・セミナー】

次世代がん診断サミット2015
~「超早期」への破壊的イノベーション、始まる~


1滴の血液や尿、呼気などといった容易に取得できる生体試料からがんの兆候を捉えるといった破壊的イノベーションの最新動向や、それらのイノベーションがもたらす医療のパラダイムシフトなどについて一望できるプログラムを用意しました。詳細はこちら

日時:2015年9月2日(水)10:00~17:00
会場:富士ソフト アキバプラザ(東京・秋葉原)

コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング