ビッグデータ・M2M・IoT 新たな価値をもたらすITの最前線
 

IoT機器同士の相互運用性の確保を狙い、Intel、Dell、Samsungなど6社がコンソーシアム設立

大原雄介=フリーランス テクニカルライター
2014/07/14 20:21
印刷用ページ
米Atmel社、米Broadcom社、米Dell社、米Intel社、韓国Samsung Electronics社、および米Wind River Systems社の6社は、Open Interconnect Consortium(OIC)を設立した。オープンなコンソーシアムで、2020年には数十億台規模になると予想されるIoT(Internet of things)デバイス(機器)同士の相互運用性を確保することを狙う。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング