• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOME新産業IoT > IoT機器同士の相互運用性の確保を狙い、Intel、Dell、Samsungなど6社がコンソーシアム設立

IoT機器同士の相互運用性の確保を狙い、Intel、Dell、Samsungなど6社がコンソーシアム設立

  • 大原雄介=フリーランス テクニカルライター
  • 2014/07/14 20:21
  • 1/1ページ
米Atmel社、米Broadcom社、米Dell社、米Intel社、韓国Samsung Electronics社、および米Wind River Systems社の6社は、Open Interconnect Consortium(OIC)を設立した。オープンなコンソーシアムで、2020年には数十億台規模になると予想されるIoT(Internet of things)デバイス(機器)同士の相互運用性を確保することを狙う。
【技術者塾】(8/22開催)
市場クレーム・リコール撲滅を目指す、公差計算と公差設計の勘所

~FMEAで見つかる7割の課題を解決しよう~

日時:2016年8月22日 10:00~17:00
会場: Learning Square新橋
主催:日経ものづくり

【技術者塾】(9/1開催)
グローバル図面に必須の「幾何公差」の勘所

~世界標準を基礎から学ぶ【演習付き】~

日時:2016年9月1日 10:00~17:00
会場:Learning Square新橋
主催:日経ものづくり

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓