自動運転・運転支援
 

産総研、ディーゼル排ガス酸化触媒の白金族使用量を半減

浜田 基彦=ジャーナリスト
2014/07/11 17:40
印刷用ページ
 産業技術総合研究所は、ディーゼル排ガス酸化触媒に含まれるPt(白金)、Pd(パラジウム)など白金族の使用量を半減できる触媒を開発した。表面ポリオール還元法を利用することによって、含浸でなく析出で触媒を担持させる。耐熱性が向上し、量産性にも優れる。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

日経BP主催のお薦めセミナー
スキルアップしたい方は必見!

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング