デバイス 半導体や電子部品を使い倒す
 

「高速で安定した産業用Ethernetを早く安価に実現」、ルネサスがリモートI/O評価モジュール

小島 郁太郎=日経エレクトロニクス
2014/07/11 12:55
印刷用ページ

 ルネサス エレクトロニクスは、産業用Ethernet通信IC事業強化に向けて、同ICを搭載したEtherCAT対応のリモートI/O評価モジュールを開発した。このモジュールは当面の間、無償でレンタルする。

図1●東京(大田区産業プラザ PiO)で開催のブース
赤枠で囲んであるのが今回のモジュール(2個並んでいる)。日経エレクトロニクスが撮影。
[画像のクリックで拡大表示]
図2●R-INの意味
ルネサスのスライド。
[画像のクリックで拡大表示]

 同社は、今回の評価モジュールを「産業オープンネット展 2014」(産業オープンネット展準備委員会が2014年7月2日に名古屋、7月4日に東京で主催)に出品した(図1)。同モジュールに搭載されているICは、2013年4月から出荷を始めた産業用Ethernet通信IC「R-IN32M3」シリーズのチップである(日経テクノロジーオンライン関連記事1)。同社は同シリーズの第1弾製品として、「R-IN32M3-CL」と「R-IN32M3-EC」の2つを用意している。

 シリーズ名の最初についているR-INは(Renesas’s Platform for Industry and Industrial network)の略で、チップだけでなく、関連ソフトウエア、評価ボードなどを含む総合パッケージ(同社は「プラットフォーム」と呼ぶ)の形でも提供できるようにする(図2)。R-INの応用分野は産業全般で、まず工場(すなわち、Factory AutomationやProcess Automation)をターゲットにしている。エネルギーインフラや公共交通機関、監視カメラ、介護ロボットなども狙う。会場で話を聞いた鈴木克信氏(第二ソリューション事業本部 産業第一事業部 プロダクトマネジメント第二部 兼 産業ソリューション部 担当部長)によれば、販売開始以来、約50社弱の国内ユーザー、約10社の海外ユーザーを獲得したという。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

【9月15日(火)開催】触るインタフェース(応用編)
~ウエアラブルと身体性から読み解く次世代インタフェース~


ウエアラブルデバイスで触覚情報を利用するための基礎と最新技術や、全身触覚と身体性に着目した新しい触覚インタフェースの新潮流について解説する。この分野に精通する3人の講師が、様々な研究開発例とその実装方法を紹介する。詳細は、こちら
会場:BIZ新宿 (東京・西新宿)

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング