• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子設計 > 「相関のあるバラつき考慮のSPICEモデルを簡単に作成」、アジレントがAMF 2014で披露

「相関のあるバラつき考慮のSPICEモデルを簡単に作成」、アジレントがAMF 2014で披露

  • 小島 郁太郎=日経エレクトロニクス
  • 2014/07/09 18:19
  • 1/1ページ
アジレント・テクノロジーは、プライベートイベント「Agilent Measurement Forum 2014(AMF 2014)」(2014年6月18日と19日にパシフィコ横浜で開催)において、バラつきを考慮に入れた回路シミュレーションモデル(統計的なSPICEモデル)を従来に比べて格段に容易に作成できるようになったことを説明した。この説明は、会場内のミニセミナで行われた。
【技術者塾】
「1日でマスター、実践的アナログ回路設計」(2016年8月30日(木))


コツを理解すれば、アナログ回路設計は決して難しくはありません。本講義ではオペアンプ回路設計の基本からはじめて、受動部品とアナログスイッチや基準電圧などの周辺回路部品について学びます。アナログ回路設計(使いこなし技術)のコツや勘所を実践的に、かつ分かりやすく解説いたします。。詳細は、こちら
日時:2016年8月30日(火)10:00~17:00
会場:エッサム神田ホール(東京・神田)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓