• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクスアナログ > STMicro、コレクタ-エミッタ間飽和電圧を2.1Vに削減した1200V耐圧のIGBTを発売

STMicro、コレクタ-エミッタ間飽和電圧を2.1Vに削減した1200V耐圧のIGBTを発売

  • 山下 勝己=テクニカル・ライター
  • 2014/06/17 16:54
  • 1/1ページ
 伊仏合弁STMicroelectronics社は、コレクタ-エミッタ間飽和電圧(VCE(sat))を2.1V(+25℃における標準値)に削減した1200V耐圧のIGBT「Hシリーズ」を発売した。タンーオフ時のスイッチング損失は、同社従来品比で最大15%減の1.81mJ(標準値)。ターンオン時は同社従来品で最大30%減の2.46mJ(標準値)である。このため、電源回路に適用すれば、電力損失を削減できる。主な用途としては、太陽光発電向けインバーター装置や、溶接機、無停電電源装置(UPS)、力率改善(PFC)用コンバーターなどを挙げている。
【技術者塾】(8/29開催)
技術とビジネスモデルの比較で描く、世界の半導体メーカー実力マップ

~欧米、アジア企業の実力値、日の丸半導体の強み・弱み、そして未来像を探る~


世界の半導体業界を技術の視点で俯瞰し、半導体メーカーの実力値を紹介します。その上で、日系半導体メーカーの強みの技術を示します。半導体関連企業が事業戦略を立てる上で欠かせない、半導体メーカーの技術力の将来展望を描きます。 詳細は、こちら
日程 : 2016年8月29日
会場 : Learning Square新橋
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓