メガソーラー 発電事業を成功に導く
 

静岡県でパネルの回転機構付きソーラーシェアリング、作物の生育に合わせて日照調整

中西 清隆=日経BPクリーンテック研究所
2014/06/16 12:14
印刷用ページ
 
稲作と太陽光発電の両立を目指す田んぼのソーラーシェアリング(出所:発電マン)
稲作と太陽光発電の両立を目指す田んぼのソーラーシェアリング(出所:発電マン)
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 静岡県の太陽光発電システム販売事業者である発電マン(静岡市)が静岡県伊豆の国市の農地に、国内で初めて「太陽光パネル回転式システム」を採用した営農型太陽光発電(ソーラーシェアリング)システムを設置した。

 ソーラーシェアリングは、農地の上に隙間を空けて太陽光パネルを並べ、農作物と太陽光発電で日光を分け合い、農業と太陽光発電の両立を目指す。2013年に農林水産省が条件付きで農地への太陽光発電システム設置を認めた。

 発電マンが採用した回転式システムは架台に設置したパネルの角度を手動で調節できる。技術開発ベンチャーのソーラーカルチャー(茨城県つくば市)が開発した(商品名「ソラカルシステム」)。作物の生育に応じてパネルの角度を変えて、作物への日照を調整できる。

 伊豆の国市の農地には今回、約1000m2の田んぼと、同じく約1000m2の畑の2つの区画にそれぞれ出力44kW、計88kWの太陽光システムを設置した。田んぼでは稲作を、畑でサトイモを植え、農作物を育てながら全量売電する。年間の売電収入は約400万円を見込んでおり、農家にとっては営農の基盤強化につながる。

 このシステムは平常時の遮光率(太陽光パネルが農地に届く日光を遮る比率)を35%で設計している。回転式を採用したことで、例えば稲作の場合、多量の日光が必要になる6~7月の成長期はパネルの傾きを立てて田んぼの日照を増やすことが可能になる。農水省は太陽光パネルの影響による農作物の減収を2割以内に抑えることをソーラーシェアリング導入の条件としている。回転式はこうした条件への対応のほか、強風や積雪の被害を抑えるのにも役立つ。

 太陽光パネルは、回転システムを操作しやすい、縦1470mm・横500mmという小振りのサイズ(出力115W)を発電マンが独自に作製した。パワーコンディショナー(PCS)はオムロン製を採用した。

日経エレクトロニクスセミナー
蓄エネ革命2015
電池からフライホイール、水素・圧縮空気貯蔵まで

蓄エネ技術を開発するメーカーは、今こそ勝負どきと考え、開発スピードを一気に高め始めました。本セミナーでは、Liイオン2次電池やNAS電池などの蓄電池に加えて、フライホイールや水素・圧縮空気貯蔵といった新たな蓄エネ技術の最新情報を紹介します。詳細は、こちら
日時:2015年9月30日(水)10:00~17:00(開場9:30予定) 
会場:JA共済ビル カンファレンスホール (東京・永田町)
主催:エレクトロニクス
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS
  • 記事ランキング

    メルマガ会員募集中:メガソーラービジネス