• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
設計・生産 ものづくり現場の競争力アップに貢献する
 

田中貴金属グループ、析出速度が速いノンシアン金めっき液を開発

吉田 勝=日経ものづくり
2014/06/05 18:04
1/1ページ
 田中貴金属グループでめっき事業を展開する日本エレクトロプレイティング・エンジニヤース(EEJA、本社神奈川県平塚市)は、シアン化合物を含まないノンシアン無電解置換金めっき液「レクトロレス IGS2020」の提供を開始した。ニッケルやパラジウム上への金めっき加工に用いるもので、組成の工夫により析出(膜形成)時間を5~10分程度に抑えた。析出のばらつきも少ないという。従来のノンシアン無電解置換めっき液は膜形成時間が10~30分と長いのが難点だった。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

印刷用ページ

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾
  • スポーツイノベイターズオンライン

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング