• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくり産業機器/部材 > 日立マクセル、クロム酸前処理をせずにポリアミド樹脂にめっきできる新材料とめっき前処理工程を開発

日立マクセル、クロム酸前処理をせずにポリアミド樹脂にめっきできる新材料とめっき前処理工程を開発

  • 佐藤 雅哉=日経ものづくり
  • 2014/06/06 15:55
  • 1/1ページ
 日立マクセルは京都大学と共同で、ポリアミド(PA)樹脂の成形品にクロム酸前処理なしでめっきを施せる新材料とめっき前処理工程を開発した。新材料は、PA樹脂中にパラジウム(Pd)触媒をナノレベルに微分散させたもの。この材料を成形前のPA樹脂原料に混ぜ、射出成形をした後に独自の前処理を施すと、高密着のニッケル(Ni)/リン(P)めっきを施せるようになるという。日立マクセルは、自動車や家電製品、住宅設備向けなどの樹脂めっき部品に応用できるとしている。
【技術者塾】(5/23開催)
冷間鍛造・精密せん断・板鍛造の基礎と応用

~設計課題を解決する新しい金属加工法~


常温で金属に圧力をかけて、金型に沿った形状に加工する冷間鍛造・精密せん断・板鍛造は、材料の歩留まりが高く、高精度で高付加価値の形状を加工できます。これらの工法の基礎知識や応用例を得ることで、より低コストで高性能な部品の作製や調達が可能になります。 詳細は、こちら
日程 : 2016年5月23日
会場 : Learning Square新橋
主催 : 日経ものづくり

おすすめ