• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス > メガネメーカー発、“自分を知る”ウエアラブル

メガネメーカー発、“自分を知る”ウエアラブル

まばたきや眼球の動きから疲れや眠気を可視化

  • 根津 禎=日経エレクトロニクス
  • 2014/05/13 19:47
  • 1/5ページ

 メガネや雑貨の企画・販売などを手掛けるジェイアイエヌは、装着者の疲れや眠気などを可視化するメガネ型端末「JINS MEME(ジンズ・ミーム)」を2015年春に発売する。同社のメガネブランド「JINS(ジンズ)」の1つと位置付ける。従来のメガネが「外を見る」ことに重きを置いてきたのに対して、JINS MEMEは「自分を見る」ことをコンセプトに掲げている。まばたきや眼球の動きから疲れや眠気を推定し、その結果を、JINS MEMEとBluetoothで接続したスマートフォンなどに表示する(図1)。

図1  JINS MEME
図1  JINS MEME

 センシング機能を備えながら、外観や重さなどは従来のメガネと同じで、周囲の人々が違和感を覚えにくい点が最大の特徴である。発表会では、ジェイアイエヌ 代表取締役社長の田中仁氏を始め、登壇者の面々がJINS MEMEを身に着けながらプレゼンテーションを実施し、装着しても違和感がないことをアピールしていた(図2)。

図2 ジェイアイエヌ 代表取締役社長の田中仁氏
図1 ジェイアイエヌ 代表取締役社長の田中仁氏

おすすめ