ウエアラブル 身に着ける機器の今と未来を探る
 

ソニー、スマホと連携し日々の行動を可視化できるリストバンド型端末を発売

大下 淳一=日経デジタルヘルス
2014/05/09 11:16
印刷用ページ
SmartBand SWR10の外観
SmartBand SWR10の外観
[クリックすると拡大した画像が開きます]
スマホと連携させて使う
スマホと連携させて使う
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 ソニーモバイルコミュニケーションズは、スマートフォンと連携し、日常の行動を記録できるリストバンド型端末「SmartBand SWR10」を2014年5月23日に発売する(リリース関連記事)。対応端末向けにGoogle Playストアで提供するアプリ「Lifelog」と併せて使用することで、ユーザーの行動パターンの発見や、未来のコミュニケーションや行動のきっかけになる情報を提供するという。市場推定価格(税抜き)は9800円前後。

 SmartBand SWR10は、加速度センサーなどのセンシング技術を搭載する。対応スマートフォンと併せて使うことで、歩行や運動、睡眠などの動的活動から、写真や音楽、通話やSNSなどの感情的活動まで、日々の活動全般を、ライフログとしてデータ化する。蓄積されたデータは、Lifelog上でアニメーションとして可視化できる。本体(センサー部分)はリストバンドから着脱することが可能だ。

 Android 4.4以降のOSを搭載し、Bluetooth 4.0 (Bluetooth Low Energy)に対応するスマートフォンで利用できる。外形寸法は、コア部分が横40.7mm×縦15.3mm×厚さ7.8mmで、リストバンド部の長さはSサイズで約214mm、Lサイズで約250mmである。重さはコア部分のみで約6g、リストバンドLサイズ含むと約21g、リストバンドSサイズを含むと約20g。内蔵電池による連続使用時間は約5日である。

【日経デジタルヘルス・セミナー】

次世代がん診断サミット2015
~「超早期」への破壊的イノベーション、始まる~


1滴の血液や尿、呼気などといった容易に取得できる生体試料からがんの兆候を捉えるといった破壊的イノベーションの最新動向や、それらのイノベーションがもたらす医療のパラダイムシフトなどについて一望できるプログラムを用意しました。詳細はこちら

日時:2015年9月2日(水)10:00~17:00
会場:富士ソフト アキバプラザ(東京・秋葉原)

コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング