メガソーラー 発電事業を成功に導く
 

新生銀行、8.2MWのメガソーラー事業に「信託スキーム」で24億円融資

金子 憲治=日経BPクリーンテック研究所
2014/05/02 18:29
印刷用ページ
 
信託スキームの仕組み(出所:新生銀行)
信託スキームの仕組み(出所:新生銀行)
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 洸陽電機(神戸市)、新生銀行、新生信託銀行(東京都中央区)は、洸陽電機が栃木県、兵庫県、大分県、沖縄県の計7 カ所で行う合計約8.2MWのメガソーラー(大規模太陽光発電所)事業に対するプロジェクトファイナンスの組成に合意し、融資関連契約および信託関連契約を2014 年4 月11 日までに締結した。

 今回のファイナンスは、新生銀行がアレンジし、建設にかかる費用のうち総額約24 億円を融資する。新生信託銀行がメガソーラーの運営事業主体となるスキームを採用することで安定的なプロジェクト運営体制を確保し、事業資金を提供する点が特長という。

 同事業では、スポンサーの洸陽電機が工事請負業者としてメガソーラーを建設、完工後は保守・運営事業者としてメンテナンスを行う。新生信託銀行は事業主体として発電設備を発注、完工後は設備所有者として運営を委託する。7 カ所の設備の建設は2013 年9 月から順次着工しており、一部はすでに完工して商業運転を開始している。発電する電力は、固定価格買取制度(FIT)に基き、新生信託銀行が電力会社に売電する。

 洸陽電機は、エネルギー管理システムや省エネルギー支援サービス事業などを展開し、メガソーラー事業でも、本件を含め、80 カ所で発電所を完工し、計30MWの開発実績がある。今後、数年間で、数百MWの開発を計画する。新生銀行は、これまでにメガソーラーの分野において、茨城県水戸市、北海道小清水町、静岡県菊川市のプロジェクトをはじめ、複数の案件にファイナンスを組成し、合計で約200MWのプロジェクトに対するファイナンスコミットを行っている。

日経エレクトロニクスセミナー
蓄エネ革命2015
電池からフライホイール、水素・圧縮空気貯蔵まで

蓄エネ技術を開発するメーカーは、今こそ勝負どきと考え、開発スピードを一気に高め始めました。本セミナーでは、Liイオン2次電池やNAS電池などの蓄電池に加えて、フライホイールや水素・圧縮空気貯蔵といった新たな蓄エネ技術の最新情報を紹介します。詳細は、こちら
日時:2015年9月30日(水)10:00~17:00(開場9:30予定) 
会場:JA共済ビル カンファレンスホール (東京・永田町)
主催:エレクトロニクス
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS
  • 記事ランキング

    メルマガ会員募集中:メガソーラービジネス