• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

お薦めトピック

ニコンが健康・医療分野に本腰、迅速診断機器を事業化へ

2014/05/02 15:53
大下 淳一=日経デジタルヘルス

 ニコンとLSIメディエンスは2014年5月2日、健康・医療分野での協業に関する基本契約を締結した(リリース)。第一弾として、ニコンの光学技術や精密制御技術と、LSIメディエンスの検査・分析技術を融合し、小型の迅速診断(POCT:point of care testing)機器を共同開発する。さらに、がんや感染症、アレルギー、自己免疫疾患など、広範な疾患の診断を補助する検査システムを事業化するという。

 LSIメディエンスは、ヘルスケア分野の検査・分析事業を手掛けている。具体的には、医療機関からの臨床検査の受託や、医薬品開発における各種試験の受託、臨床検査に使う体外診断用医薬品および機器の販売などである。

 一方のニコンは中期経営計画において、健康・医療分野で新規事業を育成するという目標を掲げている。その中でも分析・診断を重点領域に据える。同社が得意とする光学技術や精密制御技術を活用し、低侵襲・非侵襲の検査・診断システムを開発する計画だ。今回のLSIメディエンスとの協業を通じて、分析・診断領域で事業化を進めるとともに、将来の事業基盤を構築するとしている。

【新刊】日経デジタルヘルス別冊

『医療ビッグデータ2016』
CD-ROMも同時発売


医療ビッグデータの“入口”から“出口”まで、という視点でこの1年の動きを1冊に。日経デジタルヘルスによる取材情報を中心に「全体動向」「実臨床・サービス」「データヘルス」「ウエアラブル」「データ解析」「プライバシー」の章に分類。2015年3月に開催した「医療ビッグデータ・サミット2015」の様子も最終章に掲載。詳細はこちら

2015年12月9日発行
A4変型判 196ページ
編集:日経デジタルヘルス

日経デジタルヘルス Special

記事ランキング

新着記事