家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

赤外線センサーで人を検知、自動で首振り角度を調節する扇風機

赤坂 麻実=日経テクノロジーオンライン
2014/04/30 17:20
印刷用ページ
LFDJ-301K。ファンの下に赤外線センサーのバーがある(写真:アイリスオーヤマ)
LFDJ-301K。ファンの下に赤外線センサーのバーがある(写真:アイリスオーヤマ)
[クリックすると拡大した画像が開きます]
使用イメージ。85度で首振りを始めて、最適な角度まで狭める(写真:アイリスオーヤマ)
使用イメージ。85度で首振りを始めて、最適な角度まで狭める(写真:アイリスオーヤマ)
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 アイリスオーヤマは、人感センサーを使って左右の首振り角度を自動で調節する扇風機を開発し、2014年4月30日に発売した(発表資料:PDF)。不要に広く首を振ることなく、人のいる範囲に効率的に風を送ることができる。税抜きの参考価格は1万8000円。初年度に約2万5000台の販売を目指す。

 製品名は「人感首ふり扇風機」(型番:LFDJ-301K)。ファンの下に設置した赤外線センサーで人のいる場所を見分ける。首振り開始後、約1分間は最大角度(約85度)で首振りをし、その間に人の位置や動きを検知する。1分経過した後は、人を検知できなかった場所を除いた範囲で首振りをする。センサーの感知レベルは3段階で設定できる。

 自動首振り機能の使用中は、センサーが常に検知角度90度で周囲の検知を試みる。約1分間、人を検知できなかった場所は首振り範囲から外す。検知範囲内で人を検出できなかった場合は、直前の動作を継続する。人感センサーがない同社の従来機種では首ふりの角度を45度以下には変更できなかったが、今回はより狭い角度での首ふりを可能にした。

 例えば、1人で使う場合、首振り角度を自動で約21度まで狭め、風が人に当たらない時間を短くできる。逆に、狭い角度で自動首振りをしているとき、検知範囲内に人が加わった場合には、1分ほどで最適な角度に広げた首振りを始める。なお、手動で首振り角度を3段階(45度・60度・85度)から選ぶこともできる。

 風量は無段階ダイヤルで調整できるほか、設定した風量を基準にして風量に変化を付ける「リズム風」モードや、時間経過とともに風量を減少させていく「おやすみ風」モード、非常に弱い連続風を送る「超微風」モードを用意した。

 また、この製品はDCモーターを採用。運転音を抑えるとともに、消費電力を最大28Wに低減した。たとえば「最弱」で1日8時間運転した場合、1カ月の電気代は147円(税込み電気料金目安単価:22円/kWhで算出)となり、ACモーターを使った同社の従来機種「EFB-32-W/A」に比べて3割程度、電気代を低減できるという。

【9月15日(火)開催】触るインタフェース(応用編)
~ウエアラブルと身体性から読み解く次世代インタフェース~


ウエアラブルデバイスで触覚情報を利用するための基礎と最新技術や、全身触覚と身体性に着目した新しい触覚インタフェースの新潮流について解説する。この分野に精通する3人の講師が、様々な研究開発例とその実装方法を紹介する。詳細は、こちら
会場:BIZ新宿 (東京・西新宿)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング