• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

お薦めトピック

Intelがサーバー用プロセッサーを遺伝子解析に向ける、ソフトウエア企業と協業

2014/04/30 07:01
大下 淳一=日経デジタルヘルス

 遺伝子解析用ソフトウエアなどを手掛けるドイツGENALICE社は、製品の供給と開発での協業に向けて、米Intel社と協議を開始した。米国ボストンで開催中の「2014 Bio-IT World Conference & Expo」で、GENALICE社が明らかにしたもの。遺伝子解析に適するハードウエアやソフトウエアの開発をともに進めていく考えである。

 GENALICE社は2013年12月、「GENALICE MAP」と名付けた遺伝子解析用ソフトウエアを発売した。Intel社のプロセッサー「Xeon E5」を搭載したサーバー上で同ソフトウエアを動作させた結果、short readsと呼ばれる短リード長の解析において、人間とトマトの遺伝子42セットずつを24時間以内に解読できた。同ソフトウエアはXeon E5のような汎用プロセッサーのアーキテクチャをうまく利用できるように最適設計したものという。

 2社の協業は、医療分野で扱うビッグデータの処理に適したハードウエアやソフトウエアを対象とする。例えば、がん患者の腫瘍の遺伝子情報を迅速かつ低コストで解析する手法を提供し、個別化医療につなげることを狙うという。

 併せて、Intel社はGENALICE社製品向けハードウエアのメインサプライヤーとなる。GENALICE社は「GENALICE VAULT」と呼ぶターンキー型の遺伝子解析システムを手掛けており、GENALICE MAPの他、ワークフロー・マネジメントやリアルタイムモニタリング用のソフトウエア、データベース、ストレージなどを併せて提供する。

【6/12(日)開催】日経デジタルヘルス・セミナー

『遠隔診療は医療を変えるのか?』
厚労省の“通達”から1年で見えてきたこと


2015年8月、医師と患者を情報通信機器でつないで行う「遠隔診療」の適用範囲について、より広い解釈を認める旨の通達を厚生労働省が出してから1年弱。遠隔診療を実践している医療従事者や遠隔診療サービス事業者を招き、臨床現場から見た“遠隔診療の今とこれから”を探ります。詳細はこちら

日時:2016年6月12日(日) 13:00~17:00(開場12:30予定)
場所:富士ソフト アキバプラザ(東京・秋葉原)
主催:日経デジタルヘルス

日経デジタルヘルス Special

記事ランキング