技術経営 技術者が知っておきたい経営と市場の最新情報
 

三菱電機の2014年3月期は売上高が6期ぶりの4兆円台に、純利益は前年度比2.2倍

大下 淳一=日経テクノロジーオンライン
2014/04/28 19:23
印刷用ページ
決算を発表する三菱電機 常務執行役 経理部長の松山彰宏氏
決算を発表する三菱電機 常務執行役 経理部長の松山彰宏氏
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 三菱電機は2014年4月28日、2013年度(2013年4月~2014年3月)の連結決算を発表した。国内景気の回復や海外での景気拡大を受けて、売上高は前年度比14%増の4兆543億円、営業利益は同55%増の2351億円となった。売上高が4兆円台に乗ったのは、2007年度以来6年ぶり。当期純利益は前年度比2.21倍の1534億円となり、2007年度に続く過去2番目の数字だった。

 6部門すべてで増収となり、重電システム部門を除く5部門で増益となった。とりわけ好調だったのが、産業メカトロニクス部門と家庭電器部門。産業メカトロニクス部門は売上高が前年度比18%増の1兆987億円、営業利益が同62%増の980億円となった。スマートフォンや半導体向けの設備投資を受けてFA機器が伸びたことに加え、国内や北米で新車販売が好調だったことなどから自動車機器も伸びた。家庭電器部門は、国内外での空調機器の販売拡大などを受け、売上高が前年度比15%増の9443億円、営業利益が同2.7倍の528億円となった。

 前年度に赤字だった電子デバイス部門も、パワー半導体の好調などから黒字転換した。売上高は前年度比19%増の1946億円、営業損益は同156億円改善して100億円の黒字となった。

 唯一の減益となった重電システム部門は、電力事業案件の変動などが響いた。売上高は前年度比12%増の1兆1800億円だったが、営業利益は763億円と前年度比10%減少した。なお、売上高は同部門と産業メカトロニクス部門で過去最高を記録した。

 2014年度の通期業績については、売上高が前年度比3%増の4兆1800億円、営業利益が同6%増の2500億円、当期純利益が同14%増の1750億円を見込んでいる。営業利益と当期純利益は、達成できればともに過去最高となる。

【技術者塾】(9/16開催)
開発・設計者必修の購買コストダウン術

~コストダウン効果の高い開発購買と購買業務の基本テクニック~


設計と購買に精通した開発購買のプロが、開発・設計技術者に向けてコスト削減活動の重要性と活動への心構え、機能購買、有利購買の考え方・進め方、コスト分析技術、価格を決める交渉術など、開発購買を効果的に進めるために必要な購買知識を分かりやすく解説します。 詳細は、こちら
日時:2015年9月16日(水)10:00~17:00
会場:Learning Square新橋(東京・新橋)
主催:日経ものづくり
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング