• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクスアナログ > ams、電流検出用シャント抵抗が要らない電池管理向けデータ収集フロントエンドICを発売

ams、電流検出用シャント抵抗が要らない電池管理向けデータ収集フロントエンドICを発売

  • 山下 勝己=テクニカル・ライター
  • 2014/04/26 00:01
  • 1/1ページ
 オーストリアams社は、電流検出用シャント抵抗が要らない電池管理向けデータ収集フロントエンドIC「AS8510」を発売した。プリント基板に作り込んだCu配線の電圧降下を利用して電流を検出することでシャント抵抗を不要にした。温度ドリフトが小さい高精度なシャント抵抗の価格は、大量購入時に約1.50米ドルである。発売したICを使えば、この分の部品コストを削減できる。電動バイクや、電動アシスト付き自転車などの電池管理システム(BMS:battery management systems)に向ける。
【技術者塾】(6/16開催)
実用化迫る、自動運転支援のためのセンシング技術


安全で安心な自動運転車の実現に向けて、運転自動化支援に必要なセンシングアルゴリズムの基礎理論から、自動運転に向けたさまざまな応用技術、最近の話題などについて、分かりやすく解説します。詳細は、こちら
日程 : 2016年6月16日
会場 : 化学会館 7F(東京・御茶ノ水)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ