• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEスキルアップマネジメント > Broadcomの2014年Q1決算は減収減益、Q2はサービスプロバイダーの設備投資に期待

Broadcomの2014年Q1決算は減収減益、Q2はサービスプロバイダーの設備投資に期待

  • 神近 博三=日経テクノロジーオンライン
  • 2014/04/25 18:06
  • 1/1ページ

 米Broadcom社の2014年第1四半期(1月~3月)決算は、前年同期比で減収減益となった(発表資料)。売上高は前年同期比1.0%減の19億8000万米ドル、売上原価と販売費及び一般管理費の合計は18億1400万米ドルで前年同期比0.4%増、営業利益は同14.1%減の1億7000万米ドル、純利益は同13.6%減の1億6500万米ドルだった。

 2014年第2四半期(4月~6月末)の売上高は20億~21億米ドルを見込む。Broadcom社のCEOであるScott McGregor氏は、「第1四半期はブロードバンドおよびインフラストラクチャー分野が好調だった。第2四半期もサービスプロバイダーによるネットワーク構築や最新技術への投資で、同分野が引き続き好調を維持すると期待している」としている。

おすすめ