お薦めトピック

運動分析用ウエアラブル機器にSTのMEMSセンサー、台湾Maxwell Guiderが採用

2014/04/04 10:53
大下 淳一=日経デジタルヘルス
LSM330のピン配置
LSM330のピン配置
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 伊仏STMicroelectronics(ST)社は、同社の6軸慣性モジュールと3軸加速度センサーが、台湾Maxwell Guider社の運動分析用ウエアラブル機器に採用されたと発表した(リリース)。

 Maxwell Guider社の動作検知型アクティビティ・トラッカー(activity tracker)は、ヘルスケアやスポーツ、フィットネス、ゲームなどの用途に向けるもの。身体に装着して使うことができ、運動中の身体の動きを自動識別する機能を備える。

 Maxwell Guider社が同機器に採用したのは、ST社の6軸慣性モジュール「LSM330」と3軸加速度センサー「LIS3DSH」。両デバイスには、動きを自動認識するプログラマブル・ブロックであるステートマシンが内蔵されている。小型であることや検出精度が高いこと、低消費電力であることなどが採用の決め手になったとしている。

【日経デジタルヘルス・セミナー】

次世代がん診断サミット2015
~「超早期」への破壊的イノベーション、始まる~


1滴の血液や尿、呼気などといった容易に取得できる生体試料からがんの兆候を捉えるといった破壊的イノベーションの最新動向や、それらのイノベーションがもたらす医療のパラダイムシフトなどについて一望できるプログラムを用意しました。詳細はこちら

日時:2015年9月2日(水)10:00~17:00
会場:富士ソフト アキバプラザ(東京・秋葉原)

お知らせ

日経デジタルヘルス Special

記事ランキング