• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

お薦めトピック

運動分析用ウエアラブル機器にSTのMEMSセンサー、台湾Maxwell Guiderが採用

2014/04/04 10:53
大下 淳一=日経デジタルヘルス
LSM330のピン配置
LSM330のピン配置
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 伊仏STMicroelectronics(ST)社は、同社の6軸慣性モジュールと3軸加速度センサーが、台湾Maxwell Guider社の運動分析用ウエアラブル機器に採用されたと発表した(リリース)。

 Maxwell Guider社の動作検知型アクティビティ・トラッカー(activity tracker)は、ヘルスケアやスポーツ、フィットネス、ゲームなどの用途に向けるもの。身体に装着して使うことができ、運動中の身体の動きを自動識別する機能を備える。

 Maxwell Guider社が同機器に採用したのは、ST社の6軸慣性モジュール「LSM330」と3軸加速度センサー「LIS3DSH」。両デバイスには、動きを自動認識するプログラマブル・ブロックであるステートマシンが内蔵されている。小型であることや検出精度が高いこと、低消費電力であることなどが採用の決め手になったとしている。

【6/12(日)開催】日経デジタルヘルス・セミナー

『遠隔診療は医療を変えるのか?』
厚労省の“通達”から1年で見えてきたこと


2015年8月、医師と患者を情報通信機器でつないで行う「遠隔診療」の適用範囲について、より広い解釈を認める旨の通達を厚生労働省が出してから1年弱。遠隔診療を実践している医療従事者や遠隔診療サービス事業者を招き、臨床現場から見た“遠隔診療の今とこれから”を探ります。詳細はこちら

日時:2016年6月12日(日) 13:00~17:00(開場12:30予定)
場所:富士ソフト アキバプラザ(東京・秋葉原)
主催:日経デジタルヘルス

日経デジタルヘルス Special

記事ランキング