お薦めトピック

運動分析用ウエアラブル機器にSTのMEMSセンサー、台湾Maxwell Guiderが採用

2014/04/04 10:53
大下 淳一=日経デジタルヘルス
LSM330のピン配置
LSM330のピン配置
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 伊仏STMicroelectronics(ST)社は、同社の6軸慣性モジュールと3軸加速度センサーが、台湾Maxwell Guider社の運動分析用ウエアラブル機器に採用されたと発表した(リリース)。

 Maxwell Guider社の動作検知型アクティビティ・トラッカー(activity tracker)は、ヘルスケアやスポーツ、フィットネス、ゲームなどの用途に向けるもの。身体に装着して使うことができ、運動中の身体の動きを自動識別する機能を備える。

 Maxwell Guider社が同機器に採用したのは、ST社の6軸慣性モジュール「LSM330」と3軸加速度センサー「LIS3DSH」。両デバイスには、動きを自動認識するプログラマブル・ブロックであるステートマシンが内蔵されている。小型であることや検出精度が高いこと、低消費電力であることなどが採用の決め手になったとしている。

【来場事前登録・カンファレンス聴講事前登録(いずれも無料)受付中!】

デジタルヘルスDAYS 2015
~東京ビッグサイトで開催~


注目のカンファレンス・展示・イベントが一堂に。詳細はこちら

日時:2015年9月30日(水)~10月2日(金)
会場:東京ビッグサイト

お知らせ

日経デジタルヘルス Special

記事ランキング