家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

シャープがコーヒーメーカーならぬお茶メーカー、臼で茶葉をすりつぶす

中島 募=日経エレクトロニクス
2014/03/27 15:33
印刷用ページ
シャープのお茶メーカー
シャープのお茶メーカー
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 シャープは2014年3月27日、茶葉を粉末状に挽いてお茶をいれるお茶メーカー「ヘルシオ お茶プレッソ」を同年4月25日に発売すると発表した。希望小売価格はオープン、実売予想価格は2万5000円前後である。

 今回発表したお茶メーカーの特徴は、茶葉をすりつぶして約20μmの粉末にするセラミック製の小型臼を備えること。毎分100回転という低速で挽くので摩擦熱が抑えられ、茶葉に含まれるカテキンや食物繊維などをほとんど壊さずにお茶に含ませることができるという。挽いた粉末茶は「回転はね」と呼ぶ機構により、茶筅でお茶をたてるような動作でお湯とかき混ぜる。お湯は、内蔵タンクで一度沸騰させてカルキ成分を取り除いた後、粉末茶に適した80~90度にする。

 同社がお茶プレッソを開発した目的は、茶葉に含まれる栄養分を余さずお茶にすることにある。急須でお茶をいれた場合、お湯に溶けない脂溶性の成分などが茶殻に残るため、お茶には茶葉に含まれる栄養成分の約30%しか含まれていないという。一方お茶プレッソは、茶殻を残さず粉末にしてお茶にするため、残りの70%の成分もお茶に含ませることが可能。実験では、急須でいれた場合に比べてカテキンを約1.9倍多く含むほか、急須でいれた場合にはほとんど含まれないクロロフィルや食物繊維を含むことも確認したという。

【9月18日(金)開催】
高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング