• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス > 半導体メーカーの2014年設備投資、東芝・SanDisk連合が高い伸び率

半導体メーカーの2014年設備投資、東芝・SanDisk連合が高い伸び率

  • 赤坂 麻実=日経テクノロジーオンライン
  • 2014/03/24 14:47
  • 1/1ページ
 市場調査会社の米IC Insights社によれば、2014年の半導体メーカーの設備投資額で、上位10社のうち最も前年比成長率が高いのは米SanDisk社の86%だという。同社は前年の8億5900万米ドルを大きく上回る16億米ドルを投じるとみられる。主な用途は3次元NANDフラッシュメモリーの増産。事業パートナーである東芝も、前年比20%増の19億5000万米ドルを投じる見込みで、設備投資額を企業別にみると東芝が世界7位、SanDisk社が8位になるという。
【技術者塾】
「1日でマスター、実践的アナログ回路設計」(2016年8月30日(木))


コツを理解すれば、アナログ回路設計は決して難しくはありません。本講義ではオペアンプ回路設計の基本からはじめて、受動部品とアナログスイッチや基準電圧などの周辺回路部品について学びます。アナログ回路設計(使いこなし技術)のコツや勘所を実践的に、かつ分かりやすく解説いたします。。詳細は、こちら
日時:2016年8月30日(火)10:00~17:00
会場:エッサム神田ホール(東京・神田)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓