• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエネルギー > LED電球を液冷、「3年保証」を実現

LED電球を液冷、「3年保証」を実現

  • 野澤 哲生=日経エレクトロニクス
  • 2014/03/07 18:02
  • 1/1ページ
出展の様子
出展の様子
[画像のクリックで拡大表示]
液体シリコーンの対流の様子
液体シリコーンの対流の様子
[画像のクリックで拡大表示]

 米SWITCH Bulb Company社は、液体シリコーンを電球中に充填したLED電球「SWITCH」シリーズを、展示会「LED Next Stage 2014」(2014年3月4日~7日、東京ビッグサイト)に出展した。キヤノンマーケティングジャパン(キヤノンMJ)が代理店となって国内で販売を始めている。

 キヤノンMJによれば、SWITCHシリーズのLED電球は、電球の中に液体シリコーンを充填することで、熱伝導性と放熱性を高めてLEDチップの焼き付きを防ぎ、電球の長寿命化を狙った製品である。SWITCH Bulb Company社は、独自の制御回路技術と併せて「LQD Cooling System」と呼んでいる。

 電球の中で熱ムラができると、液体シリコーンが対流することで熱を均一化する。これによって、LEDチップやパッケージの信頼性が大きく高まるという。

 口金は日本の電球で一般的なE26。発光効率は、新製品の「SWITCH infinia」で80~81lm/W。色温度は2700Kの電球色である。

 最大の特徴は、「3年保証」であること。購入から3年以内で、間違った使い方をしたことによる故障でなければ、製品を交換できる。一般にLED電球は7年持つという指摘もある中で、3年は短いとも思えるが、「これまで、LED電球でこれだけ長い保証期間を設けている製品はなかった」(キヤノンMJ)。メーカーによっては、故障の際には交換に応じているもようだが、保証期間を設定している例は少ない。

 ちなみに、SWITCHの平均寿命は他社製品と同等の4万時間。これは1日10時間点灯で10年超に相当する。

 気になるのは、液体が電球に入っていることによる重さだ。SWITCHシリーズの以前の製品は300gと、LED電球の中では非常に重かったが、新製品のSWITCH infiniaの重さは175gで、他社のLED電球と極端な差はなくなった。一般的な白熱電球の30g前後と比べるとやはり重い。

 

【技術者塾】(6/13開催)
自動車エンジンと制御部品の最新注目技術と今後のトレンド

基本構造から排出ガス規制、燃費低減技術、新興国対応までを解説


自動車向けエンジンとエンジン制御システムに関する最新技術や今後の方向性を実務経験豊富な講師が分かりやすく解説します。自動車エンジンや制御部品に現在求められる技術と今後の方向性の全てを1日で学べます。 詳細は、こちら
日程 : 2016年6月13日
会場 : Learning Square新橋
主催 : 日経Automotive

おすすめ