メガソーラー 発電事業を成功に導く
 

ブリスコラとIIJ、M2M分野で協業、太陽光モニタリングシステムを構築

金子 憲治=日経BPクリーンテック研究所
2014/02/28 20:56
印刷用ページ
 
「高効率ソーラー発電システム・モニタリングデータクラウド実用化研究開発」の全体像
「高効率ソーラー発電システム・モニタリングデータクラウド実用化研究開発」の全体像
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 ブリスコラ(東京都港区)とインターネットイニシアティブ(IIJ)は2月25日、クラウドを活用したM2M(Machine to Machine)の分野において協業し、第一弾として、太陽光モニタリングシステムの実証実験環境を構築したと、発表した。

 同モニタリングシステムは、アサヒ電子(福島県伊達市)が2013年10月から進めている「高効率ソーラー発電システム・モニタリングデータクラウド実用化研究開発」において構築したもの。公益財団法人福島県産業振興センターが公募したもので、アサヒ電子とブリスコラの共同提案が採択された。同研究開発は、太陽光発電をマネジメントするシステムを低コストで構築し、発電効率の最適化と複数の発電事業者のモニタリングの実現を目指す。

 今回の実証実験では、ブリスコラが太陽光パネルに取り付けた「Neoale(ネオエール)」(太陽光発電用のモニタリングセンサー)の情報を収集・監視するシステムを構築し、IIJがシステム基盤としてIIJ GIOサービス及びネットワーク環境を提供した。2014年7月の本稼動を予定する。「Neoale」とは、アサヒ電子が開発した太陽光発電用モニタリングデバイスで、ストリング毎の電流と電圧をリアルタイムに測定することで、不良モジュールを早期に発見できるという。「IIJ GIO」とは、国内最大規模のインターネットバックボーンに直結したクラウドサービス。ブリスコラは今後、モニタリングシステムをエネルギー分野のM2Mオープンプラットフォームとして展開する予定で、IIJとインフラの提供を通じて連携する。

日経エレクトロニクスセミナー
蓄エネ革命2015
電池からフライホイール、水素・圧縮空気貯蔵まで

蓄エネ技術を開発するメーカーは、今こそ勝負どきと考え、開発スピードを一気に高め始めました。本セミナーでは、Liイオン2次電池やNAS電池などの蓄電池に加えて、フライホイールや水素・圧縮空気貯蔵といった新たな蓄エネ技術の最新情報を紹介します。詳細は、こちら
日時:2015年9月30日(水)10:00~17:00(開場9:30予定) 
会場:JA共済ビル カンファレンスホール (東京・永田町)
主催:エレクトロニクス
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS
  • 記事ランキング

    メルマガ会員募集中:メガソーラービジネス