• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクスアナログ > ラピスセミコンダクタ、衛星放送受信アンテナに向けた4入力4出力のスイッチマトリクスICを発売

ラピスセミコンダクタ、衛星放送受信アンテナに向けた4入力4出力のスイッチマトリクスICを発売

  • 山下 勝己=テクニカル・ライター
  • 2014/02/28 01:43
  • 1/1ページ
 ラピスセミコンダクタは、衛星放送受信アンテナに向けた4入力4出力のスイッチマトリクスIC「ML7405」を発売した。周波数や偏波面が異なる4種類の放送の受信に向けた「ユニバーサルクアッド衛星放送受信回路」に向ける。同社によると「衛星放送受信アンテナ向けスイッチマトリクスICにおいて、4入力4出力品の製品化は業界初」という。従来は、4入力2出力のICを2つ並列に接続することで構成していた。今回のICを使えば、実装面積を60%削減できるだけでなく、信号配線による損失や信号配線間のクロストークの問題を回避できるようになる。
【技術者塾】
「1日でマスター、実践的アナログ回路設計」(2016年8月30日(木))


コツを理解すれば、アナログ回路設計は決して難しくはありません。本講義ではオペアンプ回路設計の基本からはじめて、受動部品とアナログスイッチや基準電圧などの周辺回路部品について学びます。アナログ回路設計(使いこなし技術)のコツや勘所を実践的に、かつ分かりやすく解説いたします。。詳細は、こちら
日時:2016年8月30日(火)10:00~17:00
会場:エッサム神田ホール(東京・神田)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓