アナログ エレクトロニクスを支える基盤技術
 

ラピスセミコンダクタ、衛星放送受信アンテナに向けた4入力4出力のスイッチマトリクスICを発売

山下 勝己=テクニカル・ライター
2014/02/28 01:43
印刷用ページ
 ラピスセミコンダクタは、衛星放送受信アンテナに向けた4入力4出力のスイッチマトリクスIC「ML7405」を発売した。周波数や偏波面が異なる4種類の放送の受信に向けた「ユニバーサルクアッド衛星放送受信回路」に向ける。同社によると「衛星放送受信アンテナ向けスイッチマトリクスICにおいて、4入力4出力品の製品化は業界初」という。従来は、4入力2出力のICを2つ並列に接続することで構成していた。今回のICを使えば、実装面積を60%削減できるだけでなく、信号配線による損失や信号配線間のクロストークの問題を回避できるようになる。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング