家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

「ゲームはマルチプラットフォーム化に成功」「日本のゲームはアジアに打って出るべし」、CESA理事の辻本氏

根津 禎=日経エレクトロニクス
2014/02/19 18:28
印刷用ページ
挨拶をする辻本氏
挨拶をする辻本氏
[クリックすると拡大した画像が開きます]
東南アジアの出展が急増
東南アジアの出展が急増
[クリックすると拡大した画像が開きます]
東京ゲームショウ2014のテーマ
東京ゲームショウ2014のテーマ
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 コンピュータエンターテインメント協会(CESA)は、ゲーム業界の世界最大級の展示会「東京ゲームショウ2014」の開催概要を発表した(東京ゲームショウ2014のWebページ)。それに伴い、2014年2月19日に都内で関連説明会と懇親会を開催した。懇親会では乾杯の挨拶にCESA理事でイベント委員会 委員長の辻本春弘氏(カプコン 代表取締役社長COO)が登壇し、ゲーム業界の現状などについて発言した。この中で、「ゲームはマルチプラットフォーム化に成功した」との考えを示した。

 この発言は、ゲーム機だけでなく、パソコンや従来型の携帯電話機(フィーチャーフォン)、そしてスマートフォンやタブレット端末でもゲームをプレーするユーザーが増えたことを指す。さまざまな機器でゲームを楽しめるようになり、サービスも多様化したことが、ゲーム業界の発展につながったという。2013年11月に発売された、ソニー・コンピュータエンタテインメントの「PlayStation(PS)4」と米Microsoft社の「Xbox One」の滑り出しが順調なことを受け、「次世代の据置型ゲーム機も支持された」(辻本氏)とし、ゲーム業界の勢いをアピールした(関連記事)。

 また、辻本氏は、「日本のゲームは海外に打って出る必要がある。これまでの欧米だけでなく、ゲーム新興国が多いアジアへの展開にも力を入れるべき」との見解を示した。実際、東京ゲームショウはアジアのゲーム企業の出展や参加者の誘致に力を入れている。出展社が特に急増しているのが東南アジアである。2013年は64社と、2012年に比べて8倍になった。

 東京ゲームショウ2014の開催期間は2014年9月18~21日の4日間で、幕張メッセで開催する。従来どおり、前半2日間はビジネスデイ、後半2日間が一般公開日となる。今回のテーマは「GAMEは変わる、遊びを変える。」とする。来場者数22万人、出展社数300社を見込む。

【9月18日(金)開催】
高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング