• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス > 東芝、1Znm世代のNANDフラッシュメモリーを2014年初夏にサンプル出荷へ

東芝、1Znm世代のNANDフラッシュメモリーを2014年初夏にサンプル出荷へ

  • 木村 雅秀=日経BP半導体リサーチ
  • 2014/02/17 17:29
  • 1/1ページ
 東芝は、現在量産している19nm第2世代の次の技術世代に当たる1Znm世代のNANDフラッシュメモリーを2014年初夏にサンプル出荷する。量産は2014年度後半(2014年10月以降)を予定する。四日市工場の第5製造棟(第1期)の既存設備を1Znm世代に対応させるため、400億円の設備投資を行う。東芝はセミコンダクター&ストレージ部門における2013年度通期の設備投資として1700億円を計画しているが、この一部を今回の微細化投資に充てる。
【技術者塾】
「1日でマスター、実践的アナログ回路設計」(2016年8月30日(木))


コツを理解すれば、アナログ回路設計は決して難しくはありません。本講義ではオペアンプ回路設計の基本からはじめて、受動部品とアナログスイッチや基準電圧などの周辺回路部品について学びます。アナログ回路設計(使いこなし技術)のコツや勘所を実践的に、かつ分かりやすく解説いたします。。詳細は、こちら
日時:2016年8月30日(火)10:00~17:00
会場:エッサム神田ホール(東京・神田)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓