半導体デバイス 半導体デバイスの最新情報・トレンドを知る
 

ルネサスの第3四半期決算は230億円の最終黒字、通期では218億円の最終赤字へ

木村 雅秀=日経BP半導体リサーチ
2014/02/06 20:33
印刷用ページ
決算発表の様子
決算発表の様子
[クリックすると拡大した画像が開きます]
4四半期連続で営業黒字を達成
4四半期連続で営業黒字を達成
[クリックすると拡大した画像が開きます]
第3四半期の事業別内訳
第3四半期の事業別内訳
[クリックすると拡大した画像が開きます]
通期の業績予想
通期の業績予想
[クリックすると拡大した画像が開きます]
通期は748億円の特別損失を計上
通期は748億円の特別損失を計上
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 ルネサス エレクトロニクスは2014年2月6日、2013年度第3四半期(2013年10~12月期)の決算、および2013年度通期の業績予想を発表した(リリース決算説明資料)。

 第3四半期は自動車や産業機器向けの製品が好調で、売上高は対前年同期比12.9%増の2156億円、うち半導体売上高は同17.2%増の2076億円だった。営業利益は同379億円増の300億円であり、4四半期連続で営業黒字を達成した。また、山形・鶴岡工場の資産譲渡による減損など164億円の特別損失があったものの、LTEモデム事業の譲渡など155億円の特別利益があったため、純利益は同696億円増の230億円と黒字転換を果たした。

 第3四半期の半導体売上高を事業別に見ると、マイコンは対前年同期比26.2%増の899億円、アナログ&パワー半導体(A&P)は同25.2%増の724億円と好調だった。いずれも自動車向けが牽引している。第3四半期の半導体売上高のうち、自動車向けが占める比率はマイコンで約55%、A&Pで30%に高まった。また、A&Pではスマホ向けの表示ドライバICも堅調だった。なお、同社が表示ドライバICを手がけるルネサスエスピードライバを売却するとの報道があったが、同社は「さまざまな検討を行っているが、現時点で決定した事実はない」としている。一方、SoCの売上高は対前年同期比2.9%減の438億円だった。カーナビなどの自動車向けは好調だったものの、民生/PC向けは製品の絞り込みなどによる影響で減収となった。

通期では218億円の赤字へ

 2013年度通期の業績予想は、売上高が対前年度比5%増の8225億円(うち半導体売上高が同9%増の7900億円)、営業利益が同779億円増の547億円である。ただし、早期退職優遇制度の実施や事業・生産構造改革など748億円の特別損失を計上するため、純損益は218億円の最終赤字となる見通し。

 2013年度通期の半導体売上高を事業別に見ると、マイコンおよびA&Pはそれぞれ対前年度比で10%台半ばの増収となる見通しだが、SoCは製品の絞り込みなどの影響によって同1桁%台半ばの減収となる見込み。

ここから先は日経テクノロジーオンライン有料会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の「有料会員に申し込む」ボタンをクリックして、申し込み手続を完了させてからご参照ください。

<技術者塾>
電源制御と主回路の定式化手法(2日間)
~状態平均化法によるコンバータの伝達関数の導出と制御設計の基礎について事例を基にわかりやすく解説~



これまでの電源設計の教科書にはない新しい見地から基礎理論および実践例について解説するとともに、「系の安定度」の問題点と解決手法についても解説します。今年3月に発刊した「スイッチング電源制御設計の基礎」(日経BP社刊)をベースに最新の内容を解説いたします。詳細はこちら

【日時】:2015年9月28~29日 10:00~17:00 (開場9:30)予定
【会場】:化学会館(東京・御茶ノ水)
【主催】:日経エレクトロニクス

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング