• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクスアナログ > TI、1.6mm×1.6mm×0.5mmと小さい750mA出力の降圧型DC-DCコンバーターICを発売

TI、1.6mm×1.6mm×0.5mmと小さい750mA出力の降圧型DC-DCコンバーターICを発売

  • 山下 勝己=テクニカル・ライター
  • 2014/02/05 22:16
  • 1/1ページ
 米Texas Instruments(TI)社は、外形寸法が1.6mm×1.6mm×0.5mmと小さい9端子WCSPに封止した降圧型DC-DCコンバーターIC「LMR22007」を発売した。同社のDC-DCコンバーターICファミリ「SIMPLE SWITCHER」に含まれる製品である。同社によると、「業界最小」という。入力電圧範囲+2.7~20V。出力電圧は+0.9~5.5Vの範囲でユーザーが設定できる。最大出力電流は750mAである。+5VのUSBや+12VのACアダプター、Liイオン2次電池を入力電源とするPOL(point of load)コンバーターや、LDOレギュレータの置き換えなどに向ける。具体的な用途としては、ノートパソコンや、タブレット端末、デジタル・スチル・カメラ、SSD(solid state disk drive)などを挙げている。
【技術者塾】(5/26開催)
シミュレーション要らずの熱設計・熱対策

~熱を電気回路に見立てて解析、演習で応用力アップ~


本講演を受講すると、シミュレーションに頼らない実践的な熱対策・熱設計ができるようになります。演習を通して実際に熱を解析し、熱設計への理解を深められます。現場で応用できる熱解析ツールを自分で作成できるようになります。 詳細は、こちら
日程 : 2016年5月26日
会場 : 化学会館 7F(東京・御茶ノ水)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ