メガソーラー 発電事業を成功に導く
 

太陽電池の設備投資は2015年に上向く、Solarbuzz

河合 基伸=日経エレクトロニクス
2014/01/31 16:40
印刷用ページ
 
Solarbuzzによる太陽電池製造装置向け投資サイクルの調査結果
Solarbuzzによる太陽電池製造装置向け投資サイクルの調査結果
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 2013年に大きく落ち込んだ太陽電池の製造装置への投資が、2015年から上向きそうだ。米NPD Group社の太陽電池部門であるSolarbuzzが、調査レポート「PV Equipment Quarterly」で調査結果を明らかにした。

 太陽電池の製造装置への投資額は、2011年に約130億米ドルのピークに達した後、2013年には約17億3000万米ドルまで落ち込んだ。これは過去8年間で最低の数値である。太陽電池メーカーの生産能力の過剰が原因で業界再編が起こり、その結果として設備投資が大きく落ち込んだ。これにより、製造装置メーカーも再編を迫られた。

 太陽電池メーカーの再編の結果、2014年上半期にかけては、太陽電池の需要と業界全体の生産能力(45GW)が釣り合うことになりそうだという。それに合わせて太陽電池メーカーは、急ピッチで生産能力の拡張に動き、2015年に設備投資が上向き始める。

 Solarbuzzは、太陽電池の生産能力の拡張が、1GW以上の単位で実施されることになると見ている。設備投資は当初、規模拡大によるコスト削減と生産性の向上を目的に進む。その後、太陽電池業界のセル変換効率の標準値が20%に近づくと、技術主導の設備投資が広がっていく。

 現在、太陽電池市場の90%以上を結晶Si型太陽電池が占めていることから、2015年からの設備投資も結晶Si型太陽電池向けが中心になる。一方の薄膜太陽電池についても、新興メーカーの大型投資が見込まれている。例としてSolarbuzzは、中国Hanergy Holding Groupが計画する、中国における数GW規模のCIGS型太陽電池製造ライン向けの投資を挙げた(Tech-On!関連記事)。

日経エレクトロニクスセミナー
蓄エネ革命2015
電池からフライホイール、水素・圧縮空気貯蔵まで

蓄エネ技術を開発するメーカーは、今こそ勝負どきと考え、開発スピードを一気に高め始めました。本セミナーでは、Liイオン2次電池やNAS電池などの蓄電池に加えて、フライホイールや水素・圧縮空気貯蔵といった新たな蓄エネ技術の最新情報を紹介します。詳細は、こちら
日時:2015年9月30日(水)10:00~17:00(開場9:30予定) 
会場:JA共済ビル カンファレンスホール (東京・永田町)
主催:エレクトロニクス
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS
  • 記事ランキング

    メルマガ会員募集中:メガソーラービジネス