メガソーラー 発電事業を成功に導く
 

横浜スマートコミュニティが実証実験を公開、EV充電で太陽電池と蓄電池、系統からの電力を自在に制御

狩集 浩志=日経テクノロジーオンライン
2014/01/31 13:31
印刷用ページ
 
公開した実証実験の様子
公開した実証実験の様子
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 横浜スマートコミュニティは2014年1月30日、次世代型スマートハウスの研究・実験施設である「スマートセル」において、太陽電池と蓄電池、系統からの電力を自在に制御できる実証実験の様子を披露した。

 具体的には、電気自動車(EV)である「リーフ」や「i-MiEV」を充電しつつ、施設内の負荷へも電力を供給するというもの。系統への依存率を自由に変えたり、蓄電池を充電しながらEVを充電したりすることも可能である。今回の実証試験ではEVへの充電のみだったが、EVの蓄電池から電力供給することも可能としている。

 太陽電池と蓄電池、系統からの電力を制御する装置は、村田製作所製である。太陽電池からの電力を供給する1.5kWのDC-DCコンバーターが2チャネル分と、蓄電池と電力をやり取りする1kWの双方向DC-DCコンバーター、系統電力などの交流電力との制御に利用する3kWの双方向AC-DCインバーター、これらの電力変換器を統合制御するコントローラーを内蔵している(関連記事)。なお、村田製作所では実用化に向けてより小型化した装置を開発中である(関連記事)。

 デモンストレーションでは、EVの充電に約3kWと施設内の負荷に約1kWの合計約4kWの電力供給を実施していた。

太陽電池から250W、蓄電池から609W、系統から3279Wを供給している。
太陽電池から250W、蓄電池から609W、系統から3279Wを供給している。
[クリックすると拡大した画像が開きます]
蓄電池を充電するモードに変更した場合のデモ。太陽電池から151W、系統から4500Wの供給を受けてEVを充電しながら蓄電池も充電している。
蓄電池を充電するモードに変更した場合のデモ。太陽電池から151W、系統から4500Wの供給を受けてEVを充電しながら蓄電池も充電している。
[クリックすると拡大した画像が開きます]
村田製作所が開発中の装置。従来に比べて1/3の小型化を目指している。
村田製作所が開発中の装置。従来に比べて1/3の小型化を目指している。
[クリックすると拡大した画像が開きます]
日経エレクトロニクスセミナー
蓄エネ革命2015
電池からフライホイール、水素・圧縮空気貯蔵まで

蓄エネ技術を開発するメーカーは、今こそ勝負どきと考え、開発スピードを一気に高め始めました。本セミナーでは、Liイオン2次電池やNAS電池などの蓄電池に加えて、フライホイールや水素・圧縮空気貯蔵といった新たな蓄エネ技術の最新情報を紹介します。詳細は、こちら
日時:2015年9月30日(水)10:00~17:00(開場9:30予定) 
会場:JA共済ビル カンファレンスホール (東京・永田町)
主催:エレクトロニクス
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS
  • 記事ランキング

    メルマガ会員募集中:メガソーラービジネス