半導体製造 プロセス技術や工場の動向を知るための
 

JSRの第3四半期決算、利益減を好調なArFレジストが支える

伊藤 元昭=日経BP半導体リサーチ
2014/01/27 19:00
印刷用ページ

 JSRは、2014年3月期第3四半期(2013年10~12月)の決算を発表した。連結での売上高は前年同期比で2%増の993億100万円となったが、営業利益は同11%減の76億400万円にとどまった。半導体材料やFPD材料の利益は好調だったものの、自動車のタイヤ向けのエラストマーなどの利益が予想を下回った。

 これまで同社の第3四半期までの累計での利益は、予想にやや足りないレベルで推移している。第3四半期の状況は芳しくなかったが、「第4四半期の巻き返しを期待できる要素がある」(JSR 取締役執行役員の平野勇人氏)とし、2014年3月期通期での売上高4000億円、営業利益370億円、経常利益400億円、純利益265億円という予想は据え置いている。

部門ごとの明暗がハッキリ

 営業利益からみた今期の同社は、部門別の明暗がハッキリ分かれた格好だ。

 自動車のタイヤ向けのエラストマーや合成樹脂を扱う石油化学系の部門は、第3四半期までの営業利益の累計では、前年同期比でエラストマーが2%減の114億7300万円、合成樹脂が同19%増の27億4100万円に達した。しかし、第3四半期単独ではエラストマーが同25%減の29億600万円、合成樹脂が同11%減の8億6500万円にとどまった。これは、売値と在庫単価の逆転現象による製品評価損など営業費用の増加が足を引っ張ったのに加え、合成ゴムの需要回復が遅れ、思ったほど伸びなかったことが影響している。ただし、「第4四半期はタイヤ向けと自動車向けの需要が回復し、エラストマー事業は拡大する見込み」(平野氏)としている。

ここから先は日経テクノロジーオンライン有料会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の「有料会員に申し込む」ボタンをクリックして、申し込み手続を完了させてからご参照ください。

【9月18日(金)開催】
高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング