家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

KDDIが2014年春モデルを発表、目玉はLGの湾曲スマホ

中島 募=日経エレクトロニクス
2014/01/22 16:26
印刷用ページ
LG Electronics社製の湾曲スマートフォン「G Flex」
LG Electronics社製の湾曲スマートフォン「G Flex」
[クリックすると拡大した画像が開きます]
G Flexに搭載されているプラスチック製の有機ELディスプレー
G Flexに搭載されているプラスチック製の有機ELディスプレー
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 KDDIは2014年1月22日、2014年春に向けて販売を開始する端末を発表した。Androidを搭載したスマートフォン4機種とタブレット端末1機種である。同年1月25日から順次発売を開始する。

 スマートフォン4機種は、韓国LG Electronics社製の6型端末「G Flex」(2014年1月25日発売予定)、ソニーモバイルコミュニケーションズ製の6.4型端末「Xperia Z Ultra」(同1月25日発売予定)、シャープ製の4.5型端末「AQUOS PHONE SERIE mini(同2月下旬発売予定)」、京セラ製の4.7型端末「URBANO」(同2月上旬発売予定)、タブレット端末はシャープ製の7型端末「AQUOS PAD」(同2月下旬発売予定)である。すべての機種がフルセグに対応しており、G Flex以外は防水機能(IPX5/7または8相当)も備える。

 今回発表された中で注目はG Flexである。LG社が2013年11月に韓国で発売した端末で、本体が縦方向に湾曲しているのが特徴だ。曲面デザインの端末が日本で発売されるのは初となる。プラスチック製の曲がる有機ELディスプレーを採用しており、湾曲デザインの本体に合わせた曲面のLiポリマー2次電池を搭載する。背面カバーは「スクラッチリカバリ」という特殊加工を施しており、普段使いの擦り傷程度であれば“自己回復”して綺麗な状態を維持するという。

 なお、同社社長の田中孝司氏は発表会で新端末を紹介するとともに、自社のLTEサービスのカバー範囲の広さをアピールした。当初の予定どおり、2014年3月末には実人口カバー範囲が99%に達するという。田中社長は「繋がるのはもはや当たり前。800MHzのLTEは速いが広い」とサービスの優位性を強調した。

コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング