半導体デバイス 半導体デバイスの最新情報・トレンドを知る
 

「スマホにTransferJet」、東芝が"超小型"の無線通信モジュールと"極薄"のカプラを開発

小島 郁太郎=日経エレクトロニクス
2014/01/21 10:53
印刷用ページ

 東芝は、TransferJetのスマートフォンなどへの搭載を目指して、小型の無線通信モジュールと薄型のカプラを開発した(図1)。無線通信モジュールは4.8mm×4.8mm×1.0mmと小さく、かつ薄い。同社が2012年に学会発表したモジュール比では60%小さく、国内競合他社が発表したモジュール比でも20%小さいという。「世界最小」(同社)だとする。

図1●開発した無線通信モジュール(上)と配線一体型カプラ(下)
下の写真の青いボードの中央に、無線通信モジュールが載っている。東芝のデータ。
[画像のクリックで拡大表示]
図2●従来のカプラと今回のカプラ
東芝のデータ。
[画像のクリックで拡大表示]
図3●送信信号の測定結果
左下の緑色の波形が送信スペクトル。東芝のデータ。
[画像のクリックで拡大表示]

 カプラはフレキシブル基板で実現し、厚さを0.12mmに抑えた。カプラと通信モジュールの間の配線も同じフレキシブル基板に一体化して作る。一方、従来は0.5mm厚のリジット基板のカプラに、配線部分の厚さ0.8mmの同軸ケーブルが載っていたので、最厚部は1.3mmとなる。最厚部の寸法は1/10以下になった(図2)。

 このように物理的に小さく薄くしながら、かつ高速で無線通信できるようにした。「TransferJetには、522Mビット/秒(bps)、261Mbps、130Mbps、65Mbps、32Mbpsの五つの通信速度モードがあるが、これまでは522Mbpsの製品はなかった。今回我々が開発した無線通信モジュールが初めて522Mbpsを実現した」(東芝の阿川謙一氏:セミコンダクター&ストレージ社 半導体研究開発センター 先端ワイヤレス・アナログ技術開発部 主務)。

 今回の取材で、阿川氏は、開発した無線通信モジュールとカプラの組み合わせで送信した信号の測定結果を見せた。送信スペクトルはキャリア周波数の4.48GHzを中心にした3dB帯域が±280MHzで、560MHzの通信帯域を確保していることを示していた(図3)。また、開発した無線通信モジュールとカプラを組み合わせたデモンストレーションでは、260Mバイトの動画像データを6秒で送っていた。これは、市販されているTransferJetモジュールの約1/4の時間だという。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

<技術者塾>
電源制御と主回路の定式化手法(2日間)
~状態平均化法によるコンバータの伝達関数の導出と制御設計の基礎について事例を基にわかりやすく解説~



これまでの電源設計の教科書にはない新しい見地から基礎理論および実践例について解説するとともに、「系の安定度」の問題点と解決手法についても解説します。今年3月に発刊した「スイッチング電源制御設計の基礎」(日経BP社刊)をベースに最新の内容を解説いたします。詳細はこちら

【日時】:2015年9月28~29日 10:00~17:00 (開場9:30)予定
【会場】:化学会館(東京・御茶ノ水)
【主催】:日経エレクトロニクス

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング