• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMESocial Device > NEXCO東日本、橋梁の点検画像をビッグデータ解析で評価支援するシステム

NEXCO東日本、橋梁の点検画像をビッグデータ解析で評価支援するシステム

  • 三宅 常之=日経エレクトロニクス
  • 2014/01/21 06:00
  • 1/2ページ
画像の評価支援システム
画像の評価支援システム
[画像のクリックで拡大表示]
位置を活用した撮影データ取り込み支援システム
位置を活用した撮影データ取り込み支援システム
[画像のクリックで拡大表示]
開発したシステムの効果
開発したシステムの効果
[画像のクリックで拡大表示]

 NEXCO東日本は、点検時に撮影した画像を過去に蓄積した点検画像データと比べて、損傷評価の支援をするシステムを東京大学および北海道大学と共同開発した(同社の報道発表資料)。同社の管理する高速道路インフラの老朽化対策として、一部地域での試行導入を経て全社展開を図る。減少が見込まれる熟練者の判定ノウハウを若手が有効利用できるようにする。

 開発したシステムでは、作業者が橋梁の点検時に見つけた、不良の恐れのあるデータ(変状データ)を撮影する。この画像データをそれまでの点検で得た変状データと比較する。比較には、北海道大学大学院 情報科学研究科 教授の長谷山美紀氏の特許などに基づく画像解析技術を使う。類似性の高い順に過去の点検画像データを提示し、変状の判断を支援する。

 システム導入によって、若手判定者も熟練判定者の判断を参考に損傷評価ができ、若手の育成や評価基準の平準化につながる。

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓