• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス > 「GaNパワー素子は有望だが時期尚早」、Infineon社が見解

「GaNパワー素子は有望だが時期尚早」、Infineon社が見解

  • 根津 禎=日経エレクトロニクス
  • 2014/01/20 13:48
  • 1/1ページ
「今、GaNパワー素子に対する期待はピークに来ている。実際有望な材料だ。しかし、未知な部分が多く、採用は時期尚早だろう」――。自動車関連の展示会「オートモーティブワールド 2014」に併設されたセミナーでドイツInfineon Technologies社で自動車用の高電圧パワー半導体とドライバICなどの事業を担当する、同社 Electric Drive Train Senior DirectorのMark Muenzer氏がGaNパワー素子に対する見解を示した。
【技術者塾】(6/16開催)
実用化迫る、自動運転支援のためのセンシング技術


安全で安心な自動運転車の実現に向けて、運転自動化支援に必要なセンシングアルゴリズムの基礎理論から、自動運転に向けたさまざまな応用技術、最近の話題などについて、分かりやすく解説します。詳細は、こちら
日程 : 2016年6月16日
会場 : 化学会館 7F(東京・御茶ノ水)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ