• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス > 静岡大学、SAW素子でセンサーの無給電ワイヤレス化を実現

静岡大学、SAW素子でセンサーの無給電ワイヤレス化を実現

  • 竹居 智久=日経エレクトロニクス
  • 2014/01/14 13:42
  • 1/1ページ
 静岡大学 創造科学技術大学院 光ナノ物質機能専攻 教授の近藤淳氏の研究グループは、インピーダンス変化型センサーを無給電ワイヤレス化する技術を開発した。表面弾性波(SAW:surface acoustic wave)を励振するためのすだれ状の電極を形成した素子にセンサーを接続し、環境の変化に伴ってセンサーに生じたインピーダンスの変化を無線で検出するものだ。構造物のモニタリングなどの用途を想定する。
【技術者塾】(6/6開催)
最適制御とモデル予測制御の基礎から応用展開まで


最適制御の基礎と数値解法の考え方を解説した上で、モデル予測制御の問題設定、実時間アルゴリズム、そして最先端の応用事例について解説します。実際に応用する際の手順がイメージできるよう、簡単な例題を交えて説明します。詳細は、こちら
日程 : 2016年6月6日
会場 : BIZ新宿 (東京・西新宿)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ