• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス > 静岡大学、SAW素子でセンサーの無給電ワイヤレス化を実現

静岡大学、SAW素子でセンサーの無給電ワイヤレス化を実現

  • 竹居 智久=日経エレクトロニクス
  • 2014/01/14 13:42
  • 1/1ページ
 静岡大学 創造科学技術大学院 光ナノ物質機能専攻 教授の近藤淳氏の研究グループは、インピーダンス変化型センサーを無給電ワイヤレス化する技術を開発した。表面弾性波(SAW:surface acoustic wave)を励振するためのすだれ状の電極を形成した素子にセンサーを接続し、環境の変化に伴ってセンサーに生じたインピーダンスの変化を無線で検出するものだ。構造物のモニタリングなどの用途を想定する。
【技術者塾】(5/17開催)
キャパシタ応用を広げるための基礎と活用のための周辺技術


省エネルギー社会に則した機器を、キャパシタを上手に活用しながら開発するために、その原理と特長、信頼性、長寿命化、高密度化、高出力化などのセル開発の進歩とキャパシタの持つ課題と対応技術まで、実践活用に役立つ応用事例を示しながら学んでいきます。 詳細は、こちら
日程 : 2016年5月17日
会場 : BIZ新宿
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ