• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくり > 「情報システムとは異なるアプローチが必要」、制御システムのセキュリティー対策について業界団体のNECAに聞く

「情報システムとは異なるアプローチが必要」、制御システムのセキュリティー対策について業界団体のNECAに聞く

  • 高野 敦=日経ものづくり
  • 2013/12/27 14:43
  • 1/1ページ
 工場の制御システムに対するサイバー攻撃の危険性が高まっている。そうした中、日本電気制御機器工業会(NECA)は、制御システムのセキュリティーに関する取り組みを強化している。制御機器業界向けにセキュリティー対策のガイドラインを策定・公開した他、2014年2月に欧州連合(EU)の関連機関と共同で国際シンポジウムを開催する予定だ。その狙いについて、NECAの担当者に聞いた。
ついに名古屋で初開催!!
知能化する工場の最新動向が
1日で分かるイベント
「FACTORY 2016 Summer」


IoTやAI(人工知能)といった最新の技術を取り込むことで、工場はどのように進化していくのか。壮大なコンセプトを実践する上での課題とその解決策を議論します。基調講演では、スマート工場時代の組織論や人材育成についてジェネックスパートナーズ代表取締役会長の眞木和俊氏が提言するとともに、コニカミノルタが最新の取り組みを披露します。詳細・申し込みはこちらから。

日時:2016年6月17日(金)9:50~15:40
場所:名古屋国際会議場 国際会議室(3号館3階)
主催:日経ものづくり、日経テクノロジーオンライン、日経エレクトロニクス
受講料:3000円(招待者・事前登録者は無料)

おすすめ