アナログ エレクトロニクスを支える基盤技術
 

Diodes、PFM方式を採用したLEDドライバ制御ICを発売、供給電流の誤差は5%

山下 勝己=テクニカル・ライター
2013/12/26 22:35
印刷用ページ
 米Diodes社は、同社独自のPFM(pulse frequency modulation)制御方式を採用したLEDドライバ制御IC「AP1694」を発売した。対応する回路トポロジは、非絶縁の降圧型と昇降圧型のほか、絶縁のフライバック型である。入力電圧は交流120Vと交流230Vに対応する。特徴は、PFM制御方式を採用することで、LEDに供給する電流の初期誤差を5%に抑えるとともに、全高調波歪み(THD)の発生を低減できる点にあるという。さらに、「周辺機能を取り込んだため、部品(BOM)コストを10~50%削減できる」(同社)としている。例えば、非絶縁の降圧型回路を構成した場合、外付け部品は26個で済む。LED照明器具などに向ける。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング