• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクスアナログ > Diodes、PFM方式を採用したLEDドライバ制御ICを発売、供給電流の誤差は5%

Diodes、PFM方式を採用したLEDドライバ制御ICを発売、供給電流の誤差は5%

  • 山下 勝己=テクニカル・ライター
  • 2013/12/26 22:35
  • 1/1ページ
 米Diodes社は、同社独自のPFM(pulse frequency modulation)制御方式を採用したLEDドライバ制御IC「AP1694」を発売した。対応する回路トポロジは、非絶縁の降圧型と昇降圧型のほか、絶縁のフライバック型である。入力電圧は交流120Vと交流230Vに対応する。特徴は、PFM制御方式を採用することで、LEDに供給する電流の初期誤差を5%に抑えるとともに、全高調波歪み(THD)の発生を低減できる点にあるという。さらに、「周辺機能を取り込んだため、部品(BOM)コストを10~50%削減できる」(同社)としている。例えば、非絶縁の降圧型回路を構成した場合、外付け部品は26個で済む。LED照明器具などに向ける。
【技術者塾】(5/17開催)
キャパシタ応用を広げるための基礎と活用のための周辺技術


省エネルギー社会に則した機器を、キャパシタを上手に活用しながら開発するために、その原理と特長、信頼性、長寿命化、高密度化、高出力化などのセル開発の進歩とキャパシタの持つ課題と対応技術まで、実践活用に役立つ応用事例を示しながら学んでいきます。 詳細は、こちら
日程 : 2016年5月17日
会場 : BIZ新宿
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ