• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
EDA・ソフトウエア 強いLSIやボードを設計するための
 

「論理合成の時とは、ここが違う」、高位合成の現実を経験10年の富士通QNETが語る

小島 郁太郎=Tech-On!編集
2013/12/26 14:29
1/3ページ

 エレクトロニクス業界のあらゆる場所で効率化が叫ばれて久しい。FPGAやICの設計では、そのためのツールとして高位合成に期待が寄せられてきた。筆者は3年前に「高位合成が普通に使うツールになった」と書いた(Tech-On!関連記事1)。

 お試しや評価といったフェーズが終わり、FPGAやICの製品設計に使われて、その成果を複数の企業(部署)から聞くことができたのが、その記事を書くきっかけだった。Tech-On! EDA Onlineで人気のトピックということもあり、その後も高位合成のことを聞く機会は多い。高位合成を導入した設計者は、さまざまな苦労を語る。未だに導入の敷居は高く、フル活用しているユーザーがそれほど多くないことが窺われる。

図1●講演する山下公彰氏
Tech-On!が撮影。スクリーンはQNETのスライド。
[画像のクリックで拡大表示]

 その理由は多岐にわたるだろう。富士通九州ネットワークテクノロジーズ(以下QNET)の山下公彰氏(第一開発統括部 第一開発部 プロフェッショナルエンジニア)が、それを上手くまとめて講演として語っていたので、以下でそのポイントを紹介する(なお、記事中には追加取材による情報などが含まれる)。同講演はカリプト・デザイン・システムズが2013年10月18日に新横浜で開いた「Calypto Users Forum 2013」で行われた(記事での報告が遅くなって恐縮である)。

 同氏の講演の記事は、一度2009年に執筆している(Tech-On!関連記事2)。C言語入力の高位合成ツール「Catapult C Synthesis」(当時は米Mentor Graphics社の製品で、現在は米Calypto Design Systems社の製品)を製品設計に適用した経緯を同氏は説明した。高位合成を設計生産性の向上だけでなく、付加価値向上の手段にしたいと語っていたのが、印象に残った。

主に4つの高位合成を活用

図2●高位合成の最近の活用状況
下の表でA社はCadence、B社はXilinx、C社はBluespec。スクリーンはQNETのスライド。
[画像のクリックで拡大表示]

 山下氏によれば、QNETは2002年度に高位合成を初めて導入した。同ツールのEDAベンダーが開発を停止したことに伴って、QNETでの高位合成の利用も一時中断してしまった。高位合成の利用は2007年度にCatapultを導入して再開した(図1)。その後、Catapult以外のツールも導入し(Tech-On!関連記事3同4)、製品適用事例も年々増えている。

 現在、QNETでは、Catapult(C言語入力とC++入力で利用。SystemC入力は未導入)のほかに、主に3つの高位合成ツールを使っている(図2)。SystemC入力の米Cadence Design Systems社の「C-to-Silicon Compiler」(Tech-On!関連記事5)、C言語/C++/SystemC入力で米Xilinx社のFPGA設計環境「Vivado Design Suite」(同6)に備わる高位合成ツール、Bluespec SystemVerilog(BSV)入力の米Bluespec社の「Bluespec Compiler」(同7)である。最近は高位合成の製品設計への適用が増加し、すでにCatapultに関しては、投資回収したとのことだった。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

【技術者塾】(2/23開催)
シグナル/パワーインテグリティーとEMC

〜高周波・低電圧設計に向けたノイズの課題と対策〜


本講座では、設計事例を基に、ノイズ対策がなぜ必要なのかを分かりやすく解説します。その上で、シグナルインテグリティー(SI)、パワーインテグリティー(PI)、EMCの基礎知識ならびにそれらがノイズ課題の解決にどのように関係しているかを、これまでの知見や経験に基づいた具体例を踏まえつつ解説を行います。 詳細は、こちら
日程 : 2016年2月23日
会場 : 化学会館
主催 : 日経エレクトロニクス
印刷用ページ

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾
  • スポーツイノベイターズオンライン

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング